旅行

青森県民が選ぶ、青森ねぶた祭りをとことん楽しむ攻略法とは?

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
ねぶた祭りをめちゃめちゃ楽しみたい!
ふくろうさん
ふくろうさん
青森県民の人に聞いてみた攻略法を教えよう

青森ねぶた祭りをとことん楽しむ!攻略法

もうすぐ8月、青森の夏といえば、ねぶた祭りが有名です。

今回はこのねぶた祭りを楽しむために知っていて得する情報をまとめてみました。

青森ねぶた祭りは8月の2日から7日までの5日間に開催される、

まさに「長いようで短い夏祭り」です。

毎年200万人以上の観光客が全国から訪れ、青森の真夏の夜を盛り上げます。

全国からねぶたを観ようとたくさんの観光客が集まるこの時期、

青森の夏は一番の盛り上がりを見せるわけですが、

今回はそのねぶた祭りのマメ知識から200%楽しめる方法を伝授します!

「ねぶた」「ねぷた」「立佞武多」・・実はねぶたにはたくさんの種類が存在する!

ねぶたにはたくさんの種類があることを知っていますか?

実はねぶたには、「ねぶた」、「ねぷた」、「立佞武多」と呼ばれるものが存在します。

それぞれに特徴があり、祭りの雰囲気もルールも異なります。

「ねぶた」は人形型の大型ねぶたであり、よく取り上げられるのはこの形!

まずは言わずと知れた「ねぶた」。

こちらは一般的に全国ニュースやTV番組で取り上げられることの多い、

まさに一番有名で良く見聞きするタイプのもの。

特徴は立体的なフォルムの大型ねぶたに跳人が躍るスタイルになります。

掛け声は「ラッセラー、ラッセラー」。

その掛け声と共に「跳人」と呼ばれる装束を来た人たちが躍って盛り上げます。

跳人は正式な装束である白の浴衣に鈴などを身に着け、

さらに花笠をかぶったスタイルで、この正装でなければ参加ができません。

毎年跳人として参加する人は自分の装束を持っていますが

、突発的な参加の場合にはレンタルなども行っているお店もあるため参加が可能です。

運行ルートは青森市内でも片側三車線ほどの国道がメインとなり、運行時は車両は通行止めとなります。

観覧するには道路の両サイド、歩道に場所取りを行って観戦します。

「ねぷた」は扇形の形が特徴。「ぶ」と「ぷ」の違いで形も規模も大きく異なる!

「ねぷた」とはねぶたと同様、青森県民にはお馴染みの有名な祭りです。

「ねぷた」の特徴はねぶたと大きく異なります。

扇型の骨組みにねぷた絵が描かれた和紙が貼られたものが主流となり、

その他に人形ねぷたと呼ばれるねぶたのミニ版である立体的なものも存在します。

メインはこの扇型のねぷた主流となり、比較的落ち着いた雰囲気で鑑賞できるのが特徴です。

出陣台数は毎年60台から80台近く出陣し、時間にして約3時間程となります。

このねぷたですが、町内や個人で組んだ団体ごとに出陣するルールがあり、大人から子供まで参加が可能です。

参加と言っても「ねぶた」のように跳人などが存在するわけではなく、

「お囃子」と呼ばれる出陣の際に演奏される曲を竹でできた横笛で吹く人、

大太鼓を叩く人などがおり、ねぷたを引っ張るロープを多くの大人と子供が手を添えて一緒に歩きます。

服装は各団体によって異なりますが、団体名が書かれたTシャツとボトムスは自由な場合も多く、

比較的自由度が高いのが特徴です。赤ちゃんや小さなお子さんはベビーカーに乗せて参加が可能です。

ねぷた囃子と呼ばれる掛け声は出陣時(出発時)
と戻り(運行ルートの最終地点から各団体のねぷた小屋に戻るまでに道のり)でことなり、

出陣は「ヤーヤドー」、戻りは「ねーぷたーのもんどりこ、ヤーレヤレヤーレヤー」という掛け声に変わります。

観戦方法は運行当日、運行ルートの道路両脇の歩道に場所取りをし、座って観戦します。これはねぶたと同様です。

屋台もたくさん出店しますので、早めにスタンバイして美味しい食べ物をつまみながら待つのも楽しいですよ。

一番の高さを誇る!新しいスタイルの立佞武多は見逃すな!

立佞武多の特徴は何といってもその高さです。

「立佞武多」という名の通り、縦に長い立体的なねぷたで高さが最大20m以上あり、まさに巨大な山車のスタイルです。

掛け声は「ヤッテマレ」となり、他の二つの祭りに比べてそこまで有名ではないですが、観るととても迫力もある魅力的なねぷたです。

それぞれ開催場所と開催時期が違う!?どこで観られるの?

さて、ご紹介した3つの「ねぶた」「ねぷた」「立佞武多」ですが、それぞれ開催場所が異なります。

ねぶたは「青森ねぶた」と言われ、開催場所は青森市のお祭りになります。

開催期間は8月2日から7日まで、夜の運行は6日までとなり、

7日は日中の運行となります。夜の青森ねぶたもいいですが、

日中の最終運行も海上運行などもあり雰囲気が全く違いますので、なかなか面白いです。

ねぷたは「弘前ねぷた」「黒石ねぷた」「平川ねぷた」と呼ばれ、開催場所が3か所に分かれます。

弘前ねぷたは8月1日~7日まで、7日は日中運行となり、弘前市で開催されます。

弘前ねぷたは運行ルートが2種類あり、1日~4日までは土手町運行、5日と6日は駅前運行となります。

各団体のねぷたの運行順は当日、待機場所にねぷたが到着した順番となり、

最近は最新の運行順が弘前市のHPでも確認ができるようになりました。

お目当ての団体がいる場合は、どのくらいの時間に何番目に登場するかわかるようになったので、とても便利になりました。

黒石ねぷたは7月30日から8月5日まで黒石市で開催されます。

台数は50台程出陣する比較的大きなお祭りです。

平川ねぷたは8月2日と3日の2日間だけ、平川市で開催されます。

平川市は弘前市と黒石市の間に存在する市となり、30台前後出陣します。

そして立佞武多は8月4日~8日まで五所川原市で開催されます。

青森の夏祭りは思ったよりもいろいろな所でそれぞれに開催されています。

観光の際は、ぜひ全てのねぶた、ねぷたを堪能してみてください。

地域によって異なる特徴のねぶたやねぷたを観ることができるので、

ぜひ自分の目で見て体験して欲しいと思います。

ローカル色の強いものから王道なものまで、青森の暑い夏の夜空を彩る祭りを、

うまくスケジュールを立てて制覇してみてはどうでしょうか。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
ねぶたを理解した!