シャンプー

スカルプシャンプーとは?どんな物なのか効能や役割を徹底解説

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
スカルプシャンプーってよく聞くけどどんなシャンプーなの?
ふくろうさん
ふくろうさん
効果などをまとめてみたんだ

よく男性でお使いになっている人が多いイメージの「スカルプシャンプー」。

結構CMでも目にしますよね?

でも一体スカルプシャンプーってどういう効果があって、どんなシャンプーなのかを詳しく知らない人も多いです。

髪が健康になるの?髪が生えてくるの?などCMのイメージからだとこの2つが主に思いつくと思います。
それでは今回、スカルプシャンプーとは本当の所どんな役割を持ったシャンプーで、どんな事に効果を示すのか?をご紹介します。

スカルプシャンプーって一体どんなもの?

そもそもスカルプシャンプーとは簡単に言うと、

「頭皮をシャンプーする」と言う意味になっています。

普通一般的には、髪の毛を洗って髪の毛に特化した作り方をしているシャンプーが大半ですが、

例えば抜け毛や薄毛などで悩む人の場合髪の毛事態に悩みがあると言うよりも、生えてくる土台自体に悩みを抱えているのです。

そこで生まれたのがこの「スカルプシャンプー」です。

そもそも髪の毛は頭皮から生えています。

この頭皮自体が健やかで良い環境が整っていないと、

生えてくる髪もスカスカだったり、細かったり、

あまり生えてこなかったりとなんらかのトラブルの原因となると言われています。

だから髪の毛だけではなく

、頭皮自体を健康的に整えましょう!とされているのがスカルプシャンプーの役目です。

スカルプシャンプーの効能や役割

・頭皮に優しい

一般的なシャンプーの場合、刺激が強く洗浄成分が強めに出来ています。

それに比べてスカルプシャンプーは「アミノ酸系」で作られています。今ではサロンで使用していることでも人気ですね。

この「アミノ酸系シャンプー」は、一般的なシャンプーに比べて地肌に負担が少なく、刺激が少なく作られています。

普通のシャンプーは皮脂を取りすぎてしまう傾向にあるため、脱脂力が高く油分が不足しがちになります。

一見サッパリして頭皮にはそちらの方が良いように感じますが、違います。

体には必要な油分もあるので、それまで関係なく流してしまうとそれを補おうと油をもっと出して潤そうとしてしまいます。

それが「皮脂の過剰分泌」ですね。

そうなるとどうなるか分かりますか…?

逆に出すぎてしまって、頭皮がギトギト油っぽくなってしまいます。

それと皮脂を脱脂しすぎると、炎症を起こしたように赤くなってしまって肌荒れの原因ともなります。

・ノンシリコン

一般的なシャンプーはシリコン入りが多くあります。

今ではシリコンが頭皮にあまり良くないのではないか…?と言われ、

ノンシリコンのものが増えてきつつあります。

そこでスカルプシャンプーは頭皮をメインに考えられているだけあって、ノンシリコンとなっています。

シリコンは髪にとってのメリットも沢山ありますが、

頭皮で考えるとデメリットも大きいと言われています。

毛穴に詰まりやすく出来ていて、ちょっとした軽いすすぎ程度では落ちきれなかったりします。

毛根にシリコン剤が詰まったままだと、

循環が上手く出来ずに頭皮に湿疹が出来たりかゆみやフケ、抜け毛などのトラブルに繋がります。

・地肌をケアしながらスッキリとした洗い心地になる

スカルプシャンプーは頭皮に特化して作っているので、

頭皮にとって負担になるものをなるべく入れず健康的になるようにバランスを考えて作られています。

表面に浮いた油分だけを取り除き、毛穴にある大事な油分は残しつつ表面のいらなくなった油分だけを取り除いてくれます。

そして、アミノ酸系は洗浄力が弱い傾向にあるのでスカルプシャンプーを使う際はしっかりと長い時間をかけて洗わなければいけません。

そうすると自然と頭皮マッサージにもなっているので、頭皮が柔らかくなり温められて血流も良くなり結果頭皮が元気になると言われています。

スカルプシャンプーのイメージによる勘違い

これは驚き!と思う人もいると思いますが、何と無く有名なCMのイメージ的なものが頭に残っていて、

勝手に「育毛してくれて、毛を生やしてくれるものなのかな!?」って思う人も多くいます。

ですが実際に有名メーカーの担当者の方もおっしゃっていますが、

「スカルプシャンプーは決して育毛や発毛をするものとはいっていないですし、

あくまでも頭皮を健康的にして正常に保つためのもの」と言っています。

元々スカルプシャンプーの目的として、

畑に例えて土壌がしっかりしていない場所には野菜や稲穂が育ちにくいように、

頭皮も髪の毛の土台となる場所なのでそこを整えないと健康的な髪は育たないという発想から作られています。

有効成分であるピロクトンオラミンは、皮膚の常在菌をコントロールするもの。

グリチルリチン酸ジカリウムは、フケを防止するためのもの。

アミノウォッシュは頭皮環境を整えるものだと言われています。

ですのでなんとなくスカルプシャンプーのイメージでは「髪を増毛したり生やしてくれる」と勘違いしがちですが、それは間違いです。

なので買ったのに生えてこないし、

増毛もしない…とモヤモヤしていた方は本来のスカルプシャンプーの掲げている目的とは違うイメージになっているので、

正しくこの役割があったんだ!と分かってもらえたら嬉しいです。

まとめ

スカルプシャンプーの本来の役割や目的が参考になっていれば嬉しいです。

どうしてもCMなどの勝手なイメージで髪がフサフサになったり増えているイメージがありますが、

そうではなくて頭皮を健康にしたり、油分のバランスや頭皮ケアを目的としていることがお分かり頂けたかな?と思います。

それから、スカルプシャンプーは基本的にアミノ酸系でできていることが多いですが全部の商品がアミノ酸系であるとは限らないようです。

ですので成分をしっかり見てから買いましょう。

プチプラ美容活用法 プチプラでも効果絶大!簡単スキンケア術とは?プチプラ美容活用法 プチプラでも効果絶大!スキンケア術 皆さんは、今使っているスキンケアアイテムやコスメに満足していますか? ...