アクアリウム

初心者にオススメする水槽と、フィルターのメリット、デメリットを紹介【アクアリウム用品】

オススメのアクアリウム用品

アクアリウムを始める方はまず道具を買いに行くと思います。

しかしショップに行くと数多くの水槽や濾過器が売っています。

そこで今回はアクアリウムをやるなら買うべき水槽や濾過器とそれ以外にもあった方がいい物を紹介します。

水槽

水槽は様々なサイズがあります小さいものは水が少ししか入らないので水質の悪化や魚が病気になるリスクが高まります。

逆に大きい水槽になると水質が安定し病気にもなりにくくなりますが重量がかなりのものになります。

最初のうちはオススメは45センチか60センチの水槽を選びましょう。

また水槽にはガラス水槽とアクリル水槽があります。この2つの特徴も教えます。

ガラス水槽

メリット…傷つきにくい、値段が安い
デメリット…重い、割れやすい
ガラス水槽は値段が安くガラスに傷は付きにくいですがアクリル水槽に比べ重いです。
また地震などの災害で落下すると割れる確率もかなり高いです。

アクリル水槽

メリット…軽い、割れにくい
デメリット…傷つきやすい、値段が高い
アクリル水槽は軽くて落ちた時に割れにくいのですが飼育魚によっては傷を付けてしまうことがあります。

ただガラス水槽だと大型の魚を飼育することができないので大型の魚を飼育したい方はアクリル水槽一択です。

ただ小型の熱帯魚などを飼うときは傷などが目立たないほうがいいのでガラス水槽をオススメします。

それぞれでオススメの商品

ガラス水槽…GEXマリーナガラス水槽

ガラス水槽の中では比較的安価で作りもしっかりしているのでオススメです。

私は60センチ水槽の照明及びフィルターが付いているセットを購入しました。

そのときはネット通販で5000円程の金額で買えました。

アクリル水槽だとこの値段で水槽1個買えるか買えないかぐらいの値段です。

アクリル水槽…アズワン アクリル水槽

値段はそれなりにしますがアクリル水槽の中でも傷つきにくいため砂利なども安心して敷くことができます。

また水槽自体も軽いため家の床にもあまりダメージを与えません。

ただ水を入れるとそれなりに重たいため専用の水槽台を用意しましょう。

濾過器

濾過器は魚を飼育するために必ず必要になります。

フィルターが無いとアンモニアなどの有害物質が分解されずに魚を早死にさせてしまいます。

また水槽のサイズに合った濾過器を用意しないと濾過器の効果がないので慎重に選びましょう。

また濾過器は用途がその時によって違うのでオススメ商品は一概にはありません。自分の好みを選びましょう

外掛けフィルター

メリット…酸素供給がされる、安価、設置が簡単
デメリット…濾過能力が低い、水位を低くできない
水槽のセットにだいたい付いてくるフィルター濾過器です。

セット自体は簡単ですが水位をそれなりに高くしないとならないためカニなどの水位を低くして飼育する生き物にはあまり向いていません。

投げ込み式フィルター


メリット…酸素が十分というほど供給される、安価、設置が簡単
デメリット…濾過能力がかなり低い
通称「ぶくぶく」と言われています。

良く初心者の方が金魚などの飼育に使用していますが私はオススメしません

。金魚は水を汚すので投げ込み式のフィルターだけでは濾過しきれず魚がアンモニア中毒などになってしまいます。

上部フィルター


メリット…酸素の供給がされる、濾過能力が高い、メンテナンスが簡単
デメリット…水槽の上部がごちゃごちゃする、
水槽の上がごちゃごちゃする以外には特にデメリットがありません。また値段も少しは高いですがそこまで高価なものではありません。少しでも安くしたいなら水槽とのセットがおすすめです。

外部フィルター


メリット…濾過能力がかなり優秀、水槽台の中にしまえるのでスッキリする

デメリット…値段が高い、酸素が供給されにくい、メンテナンスが面倒

外部フィルターは濾過能力に関してはかなり優秀な濾過器です。

ただ高価なのとメンテナンスが面倒なので上級者向けの濾過器と言えます。

以上がどんな方でも用意できる濾過器です。

私のオススメは様々なことを視野に入れると上部フィルターがいいでしょう。

実際に設置していますが水槽の上はあまり気にしたことがないので全然使えます。

また値段もそこまで高価では無いので是非みなさんも使ってみてください。

魚別オススメ餌

最後は餌になります。上記のものやその他の用品を用意しても魚に大事なのは餌になります。

魚といっても肉食のものや小型のおとなしい魚まで色々います。今回は飼育する魚によっての餌をお教えします。

ネオンテトラなどの小型熱帯魚…テトラミンやひかりクレストカラシンなどの小粒なものや乾燥赤虫や乾燥イトミミズを与えましょう。

特に赤虫やイトミミズは食いつきがいいですが水を汚しますので少量にしておきましょう。

コリドラス …テトラコリドラスやひかりクレストコリドラスなどの沈む餌がいいでしょう。

コリドラスは大食いで見ているともっとあげようかと思いますが1匹に対してブレークを半分に割ったくらいでいいでしょう。

肉食魚…キャットなどの人工餌やメダカや小赤、ヌマエビなどの生き餌をあげるといいでしょう。

特に肉食魚はこれらの餌をバランスよくあげることが大切になります。

いかがですか?アクアリウムを始める際に悩むのが水槽や濾過器でしょう。

水槽は上記に挙げたものを選んでもらえると嬉しいです。

濾過器に関しては用途によって一概にオススメはできないのでショップの店員さんと相談しながら購入しましょう。

ぜひみなさんも癒しのアクアリウムを始めてみてください。

http://penguin-affiliate.com/2019/07/30/%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e3%81%ab%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1%e7%86%b1%e5%b8%af%e9%ad%9a/