クレンジング

クレンジングの特徴と合う肌質とは?クレンジングの種類を紹介

クレンジングの種類はどんなものがあるの?それぞれの特性と合う肌質をご紹介

女性は毎日メイクをするので、落とす際の「クレンジング選び」には気を使いますよね。

逆にクレンジングなんて落ちれば一緒!とあまり値段や効果を気にせず買う人もいます。

でも実際はクレンジングからスキンケアは始まっています。

メイクや皮脂、空気汚れをきちんと落とさないと毛穴に詰まって肌トラブルの元になります。

そこで今回は沢山あるクレンジングの種類別に名前とその特性、どの肌質に合うのか?をご紹介していきます。

オイルクレンジングの特徴と合う肌質

まずオイルクレンジングの特徴としては、

・洗浄力が高い
・濃いメイクでも落ちやすい

です。

オイルクレンジングは割と濃いしっかりとしたメイクでも、

クルクル馴染ませるだけでスルンと落ちてくれます。

洗浄力が強いため、敏感肌・乾燥肌の人には向きません。

オイルクレンジングは肌質で合う・合わないよりもメイクの濃さで変えたほうが正しいです。

ウォータープルーフのマスカラやアイラインを使っていると洗浄力の弱いクレンジングでは落ち切らないので、

オイルクレンジングにするとしっかり落ちます。

ただもし使用するとすれば、
オイリー肌で肌質が強いタイプの人であればオイルクレンジングは向いています。

リキッドクレンジングの特徴と合う肌質

リキッドクレンジングの特徴としては、

・水分が他のクレンジングに比べて多い

・洗浄力はオイルに比べたら弱いがまぁまぁしっかり落ちる

・サラサラしたテクスチャー

・オイルフリーのものが多い

・まつエクにも使える

です。

リキッドクレンジングは、水分をベースに作られています。

出した瞬間サラサラしていてこぼれやすくなっています。

リキッドクレンジングはオイルフリーのものも多くなってきているので、

まつエクをしている人も使えるのがメリットです。

オススメするのはオイリー寄りな人です。

オイルクレンジングに比べれば洗浄力は少し弱まりますが、

それでもクレンジングの中では落ちやすいですし、

水分が多いので洗い上がりもサッパリしていて毛穴の黒ずみやベタベタ感に悩む肌質の人には合いやすいです。

それからマツエクをしている人もリキッド愛用者が多いです。

ミルククレンジングの特徴と合う肌質

ミルククレンジングの特徴としては、

・肌に優しい

・水が多く含まれている

・洗い上がりがしっとりする

・メイク落ちはあまり良くない

です。

ミルククレンジングはトロトロしたテクスチャーで、乳液のような質感です。

ミルククレンジングは洗浄力は弱い傾向にあるので、

ナチュラルメイクで落ちやすいコスメを使っている人や、

乾燥がちな肌・敏感肌の人にオススメです。

ジェルクレンジングの特徴と合う肌質

ジェルクレンジングの特徴としては、

・ホットクレンジングと呼ばれる熱くなるタイプのジェルもある

・使用感はねっとりした感じ

・水性タイプ・油性タイプがある

・オイルに比べたら洗浄力は落ちるが、割としっかり落とせる

です。

ジェルクレンジングでも種類があって、

ホットクレンジングジェルと呼ばれる毛穴を綺麗にするタイプの熱くなるジェルと、

水性タイプのマツエクにも OKでオイルタイプで刺激を感じやすい人に向いているタイプと、

油性タイプの洗浄力が割としっかりあってマツエクには使えないタイプがあります。

ニキビ肌の人・まつエクの人には水性タイプ、オイリー肌の人には油性タイプがオススメです。

毛穴の黒ずみが気になる人はホットクレンジングジェルをオススメします。

クレンジングクリームの特徴と合う肌質

クレンジングクリームの特徴としては、

・クレンジングの中でも1番負担が少ない

・肌状態が良くない時、荒れている時に使うと肌が落ち着きやすい

・洗い上がりがしっとりする

・メイクなじみが良くない

です。

クレンジングクリームは洗い上がりがしっとりしていて、肌への負担が1番少ないと言われています。

ただしメイクと中々馴染まないので、しばらく肌をマッサージしなければいけません。

その為肌への摩擦が心配されたり、メイクが落ちきれなくて残っているなどの不安点もあります。

ただ乾燥がちな人・敏感肌の人・肌が荒れていて洗浄力強いものは控えたい人にはオススメです。

クレンジングの特徴とまとめ

クレンジングのそれぞれの特性と合いやすい肌質や合いやすい人をご紹介しました。

簡単にまとめると、

・オイルクレンジング→オイリー肌・肌質が強い方にオススメ(洗浄力が強く、しっかりと洗い流すため)、あとはウォータープルーフの落ちにくいコスメの人向け
・リキッドクレンジング→ベタベタがち・テカリがちの肌へオススメ(割と洗浄力も強く、洗い上がりがサッパリしているので)、マツエクしている人向け
・ミルククレンジング→敏感肌・乾燥肌にオススメ(洗浄力が1番優しく、洗い上がりもしっとりな傾向)、ナチュラルメイク向け
・ジェルクレンジング→毛穴の黒ずみが気になる人・ニキビ肌の人にオススメ(油性タイプ・ホットタイプ・水性タイプと3種類ありメイクの濃さやニキビが多く出やすい人、マツエクをしている人など様々な肌質に合わせられる)、色々な肌質に合う傾向にある
・クレンジングクリーム→乾燥肌・敏感肌・荒れ気味な肌の方へオススメ(1番肌への負担が少ないクレンジングで、洗い上がりがしっとりする)、ナチュラルメイク・肌トラブルを抱えている人向け

ぜひ参考にしてみて下さいね。