シャンプー

シリコンシャンプーとノンシリコンの違いは?合うシャンプーはどっち!?

シリコンシャンプーとノンシリコンの違いは?合うシャンプーはどっち!?

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
シリコンシャンプーとノンシリコンってどっちを使うのがいいの?
ふくろうさん
ふくろうさん
どちらにも違ったメリットがあるのでまとめてみたよ

最近では「ノンシリコンシャンプー」が人気になって、

シリコン入りのシャンプーが少なくなりつつあります。

でもシリコンシャンプーを好んで使う人もいますよね。

ただ実際の所なんとなくノンシリコンの方が良いと言われているけれど、

どうしてノンシリコンの方が良いと言われているのか?

シリコン入りは頭皮に悪いと言われているけど本当に頭皮に悪いのか?

が分からない所も多いですよね。

そこで今回はシリコンシャンプーとノンシリコンは何が違うのか?と、

それぞれのシャンプーが合いやすい頭皮や髪質を詳しくご紹介します。

シリコン入りシャンプーの特徴(一般的なシャンプー)

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
シリコンって結局なんなの?

まずシリコンって何!?と言う方のために簡単にご説明致します。

シリコンと言うのは、「ケイ素」と呼ばれる物質を化学的に合成して作った樹脂の事を指します

樹脂と聞くと体に悪いんじゃ!?と思いますが、体の内部には浸透せずほぼ量さえ守れば体には影響が少ないと言われています。

それと、シャンプーだけでは無くて日焼け止めやファンデーションにも使用されています。

シャンプーの裏を見てみると分かりますが、成分一覧の所に

・ジメチコン
・メチコン
・シクロメチコン
・シロキ
・シリカ

などが書かれていると思います。

それらが主に「シリコン」が入っている成分です。

シリコンの特徴としては、髪全体をコーティングする役割があります。

なのでシリコン入りシャンプーを使うと、手触りが良く艶やかな見た目になります。

ドライヤーの熱や摩擦からも保護してくれるメリットもあります。

シリコン入りシャンプーを使えばすぐに効果が出るので、髪自体が扱いやすい髪になります。

そして人によっては香りが強く感じて、ノンシリコンよりシリコン入りを好んで使う人も多いです。

ふくろうさん
ふくろうさん
シャンプー中にキューティクルが壊れるのを防いでくれてドライヤーの熱から髪を守ってくれます。広がりやすい髪をしっとりまとめてくれるのが特徴なんだ

ノンシリコンシャンプーの特徴

次にノンシリコンシャンプーの特徴をご説明します。

ノンシリコンシャンプーとは、「人工化合物」が入っていないシャンプーの事を言います。

ですので、比較的頭皮や髪へ負担が少ないとされています。

1番分かりやすいのは、手触りや洗った後の髪の毛の状態です。

ノンシリコンシャンプーはコーティング剤が入らないので、

少しキシみを感じたりサッパリした洗い心地になります。

それからパーマや白髪染めをしている人だと、

その持ちが良くなると言われています。

ノンシリコンであれば化合物がキューティクルに付着しなくなるので、

カラーの薬剤やパーマがききやすくなります。

後シリコン特有のコーティングされた見た目の重さがなくなるので、

髪がふわふわ軽やかに見えます。

髪質が細い方であれば特に実感できると思います。

頭皮に関しては、シリコンが入っていない事でフケやかゆみなどの頭皮トラブルを回避しやすいと言われているので、

健康的な頭皮を保つことが出来ます。

ふくろうさん
ふくろうさん
ノンシリコンは洗い上がりが軽やかになり髪がペタンコになりにくいんだ。

どちらを使うのが良いの?

シリコンシャンプーが合いやすい髪質は、

髪のパサつきや痛みが気になる人・しっとりまとまった髪にしたい人がオススメです。

やはり髪が傷みがちで湿気で広がったりパサパサした見た目や手触りになっている人は、

コーティング効果のある「シリコン入り」を使った方がツルンとまとまります。

そしてドライヤーの熱やタオルドライをする際の摩擦からも守ってくれるので、

指通りがよく見た目もツヤツヤになります。

ただしシリコン入りシャンプーを使うときはすすぎをしっかりしましょう。

シリコンはコーティングする働きがあると言われている通りに、

頭皮にもしっかり付着して取りづらいのが難点です。

ここですすぎをしっかりしないと、

頭皮や毛根に吸着して塞いでしまい炎症やかゆみを起こす原因となってしまいます。

そうなると、髪が健康的に生えてこれなくなり、細い髪になったり抜け毛になったりしてしまいます。

ノンシリコンシャンプーが合う髪質は、

髪への負担が少なくナチュラルなのでカラーリングをしている人や髪が少ない人・猫っ毛な人にオススメです。

それからシリコンシャンプーを使っていると、

何と無く頭皮がベタついたりフケやかゆみが出る…と言った方は

1度ノンシリコンに転換してみるのもアリですね。

ノンシリコンはパーマやカールが長持ちしやすかったり、

自然に髪を立たせてくれたりハリも出てくるのでボリュームを出したい人にもオススメです。

ただしノンシリコンにもデメリットはあって、

コーティング剤が入ってない分きしみやパサつきはどうしても感じやすいです。

痛んでいる髪質の人ならば特に実感すると思います。

それから割と値段も高いので、長期で見たらお金がかかりますね。

ふくろうさん
ふくろうさん
自分の髪にあったシャンプーを使い分けるのが大切なんだ

シリコンシャンプーとノンシリコンの違いまとめ

参考になりましたでしょうか?

あまり専門的な用語で説明をしてしまうと分かりづらいと思ったので、

簡単に分かりやすく説明をしてみました。

シリコンシャンプー・ノンシリコンシャンプーには

それぞれの特徴や良さがあるので人によって使い分けるのが1番です。

今ではノンシリコンの方が店頭の大半を占め始めていますが、

それでもまだまだシリコン入りを推して使っている人も沢山います。

シリコンはコーティング剤が入った、

髪を摩擦や刺激から守ってくれて、

指通りや見た目のツヤを良くする役割があるもの。

ノンシリコンは自然派で、頭皮を健やかに保ち髪にボリュームをもたらせてくれたり、

カラーリングの持ちや入りが良くなるもの。

と思って下さい。

実際はどちらも使ってみて、

頭皮の状態や髪の状態がどちらの方が良く感じるのか?

の使用感で決めると良いですよ。

http://penguin-affiliate.com/2019/08/16/%e6%b4%97%e9%a1%94%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e6%99%82%e3%81%ae%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e5%ba%a6%e3%81%8c%e8%89%af%e3%81%84%e3%81%ae%ef%bc%9f32%e5%ba%a6%e6%b4%97%e9%a1%94%e3%81%8c/

http://penguin-affiliate.com/2019/08/13/%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%81%a8%e5%90%88%e3%81%86%e8%82%8c%e8%b3%aa%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3/