ダイエット

甘いもの食べたい!食欲が止まらないetc…生理中の激太りを防ぐ食生活と運動

甘いもの食べたい!食欲が止まらないetc…生理中の激太りを防ぐ食生活と運動

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
お腹減ったから今日もいっぱい食べちゃおう!
ふくろうさん
ふくろうさん
ぺんぎんくんは少し我慢したほうがいいぞ!

生理中に甘いものが食べたくなったり、食欲が急増してしまう…とお悩みの女性、多いみたいですね。

それに加え、生理中は、女性ホルモンの分泌が盛んになるため皮下脂肪が付きやすくなったり、

身体がだるくて運動するのが億劫になったりしてしまい、

多くの女性にとって、うんと太りやすい時期なんです。

しかし、もう心配する必要はありません。

ストレスにならない程度に、食生活を工夫したり、

日常で出来る運動を取り入れたりすることで、生理中の激太りを防ぐことが出来ます。

今回はその中でも特に、誰にでも出来て効果的な方法をご紹介致します。

生理中の激太りを防ぐ食生活の工夫

和菓子と緑茶でカロリーダウン

生理中についつい甘いものが食べたくなってしまった時は、和菓子をおすすめします。

もなか、たいやき、団子etc…

ケーキやパフェなどと比べ、和菓子自体のカロリーは低いですし、

腹持ちするのですぐお腹いっぱいになるので、食べ過ぎを防いでくれる可能性があります。

また、和菓子によく合う緑茶は一般的に0〜2kcalで、

脂肪を燃焼する効果もあるので一緒に飲むのがおすすめです。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
緑茶には脂肪を燃焼させる効果があるんだね!

スイーツの代わりにとびっきり甘いドリンクを一杯飲む

例えば甘いシェイクやフラペチーノ自体はカロリーが高いですが、

それだけでお腹いっぱいになって、けっこう胃がもたれるものです。

身体が甘いものを求めている際、まずこのようなドリンクを一杯飲むことによって、

後に食べるものをカロリー、量共に控えめにすることが出来るのであれば、良い方法だと思います。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
糖分をとると空腹が和らぐからジュースだけを飲むのもありなんだね

食事の回数を増やし、それぞれを少量にする

テレビで「女医が勧める安全で効果的なダイエット法」として紹介していた食事法です。

何回にわけるのかは、生活習慣によりまちまちですが、多くは「4食〜6食」にわけて食べるパターンが多いそうです。

そして1食あたりを、

・少量
・バランスが良い
・カロリー控えめ

という条件のメニューにするのです。

常にお腹いっぱい食べたい生理中の身体には、初めはきついかも知れません。

しかし、胃袋を徐々に慣らすことで食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

また、思いっきり空腹の状態での食事は、血糖値が上昇してしまい、太りやすくなると言われてます。

このように食事回数を細かく分ける方法は、

食事の感覚が狭くなるので、そのリスクを回避することが出来るでしょう。

和食中心の食生活

和食のメニューはヘルシーというだけでなく、

生理中に乱れがちなホルモンバランスを整えてくれるとも言われています。

食欲をコントロール出来ない原因は、

実はホルモンバランスの乱れと共に不調に陥りがちな、自律神経にあることも。

ホルモンバランスと自律神経の乱れを改善するため、魚を中心として、

副菜や汁物に野菜や豆製品を盛り込んだ、バランスの良い和食の献立を考えると良いと思います。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
バランスよく魚もちゃんと食べようね!

生理中の激太りを防ぐ運動の工夫

ウォーキング&ジョギング

誰でも手軽に出来る運動と言えば、ウォーキングとジョギングですね。

ただし、ただ何も考えずに歩いたり走ったりするのではなく、

姿勢を良くして、腕や足腰の筋肉を使うことを意識しましょう。

生理中に起こりがちな身体の凝りもほぐして血行が良くなり、

汗もかきやすくなります。

いつもは車で3分で行ってるスーパーまで徒歩で行ってみる、

家の周りを2周走ってみる等、普段よりも運動量を増やすことが大事です。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
買い物いくときにも自転車より歩きながらのがおすすめだよ!

縄跳び(エア縄跳び)

縄跳びは下半身太りに効果的な運動だと言われています。

お尻や太ももは、皮下脂肪が付きやすい箇所ですので、足腰を使う運動は大変効果的です。

また、生理中は身体に水分が貯まり、むくみやすい状態になっています。

少しの運動量で汗をかくことが出来る縄跳びで、

身体に溜まった水分を気持ちよく逃がすことが出来るでしょう。

もし縄跳びがない、場所がないという方は、「エア縄跳び」を。

縄は持たずにぴょんぴょんと縄跳びの動きだけをやる方法ですが、

通常の縄跳びと同様の効果が得られます。

バレエのエクササイズを取り入れる

バレエのエクササイズというと、痛そう、過酷そうというイメージですが、

ここでは未経験の方でも出来るような、床で行えるエクササイズをご紹介します。

まずは床に座って足を開きます。

180度に開脚するのは難しいと思いますので、始めは120度、それ以下でも構いません。

床の上で、足を開けるだけ開き、身体をゆっくりと前、右足、左足に向かって倒したり、振り返るように後ろに身体をひねります。

前、右足、左足、後ろ、それぞれ10秒くらい行うと、皮下脂肪の付きやすい二の腕、ふくらはぎ、腰などの筋肉を効果的に鍛えることが出来ます。

甘いもの食べたい!食欲が止まらないetc…生理中の激太りを防ぐ食生活と運動まとめ

バランスの良い食生活や身体に無理のない運動は、

どれも生理中の激太りを防ぐだけでなく、

ホルモンバランスや自律神経を整えてより健康な身体になれます。

生理中は心身共に負担が大きい時期ではありますが、

以上で紹介した方法をぜひ試して頂き、生理中の身体と向き合ってみて下さいね。

ふくろうさん
ふくろうさん
糖質制限などをするよりバランスよい食事のほうが痩せやすい体をつくるためにも重要なんだ
ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
制限ダイエットよりバランスよく食べる量を減らすのが健康にもいいね!
朝食を抜きは太る?実は朝ご飯は抜いたほうがいい説 朝ごはんは抜いたほうがいいの? 朝食を抜く生活を暫く続けているとどのような結果ができるのか約50名を対象に行った実...