ダイエット

有酸素運動と無酸素運動ってなにが違うの?まとめてみた

有酸素運動と無酸素運動ってなにが違うの?

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
有酸素運動と無酸素運動ってあるけど具体的には何が違うの?
ふくろうさん
ふくろうさん
ぺんぎんくんの為に簡単にまとめてみたぞ

その違いと内容をご説明します

皆さんは有酸素運動と無酸素運動の違いはご存知ですか?

有酸素運動は体に良いとか色々と聞きますが、

実際はどんな違いがあってどういうメリットがあるのかが良くわかっていない人もいると思います。

そこで今回は「有酸素運動」と「無酸素運動」の違いや、どんな目的の人に合うのか?をご紹介致します。

有酸素運動とは?

簡単に一言で有酸素運動をご説明すると「有酸素運動は酸素を使う運動」です。

細かく説明すると、有酸素運動は比較的弱めの力が筋肉にかかり続けている状態になっています。

代表的な運動としては、「ウォーキング」「ジョギング」「エアロビ」が主に有酸素運動の部類になります。

有酸素運動は元々体内に蓄えられている体脂肪をエネルギー源として使って行くので、体脂肪が落ちていきやすくなります。

体内の糖質と脂肪が酸素と一緒に燃えて、心拍数も高くなり脂肪が減ってダイエットになります。

ただし有酸素運動は20分以上その状態を持続して運動を続けないと、体脂肪が全く使われないと言われています。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
走ったリ長い運動が必要なのは有酸素運動なんだね!

無酸素運動とは?

無酸素運動を簡単にご説明すると、「無酸素運動は酸素を使わない運動」です。

無酸素運動を具体的にご説明すると、短時間に強い力を瞬発的に発揮する運動のことを言います。

代表的な運動としては、「相撲」「短距離走」「筋トレ」などです。

無酸素運動と聞くと呼吸をしない運動と思っている方もいますが、それは違います。

無酸素運動は、元々筋肉に貯めてある「グリコーゲン」と呼ばれる物質をエネルギーとして使用していきます。

大きなパワーで短時間の運動を繰り返し行うことが無酸素運動と言われています。

無酸素運動の場合は筋トレが分かりやすいのですが

筋トレをすると成長ホルモンが分泌されてその作用により体脂肪を燃やしたり、代謝が上がったりして筋肉をつけやすくしてくれます。

主に基礎代謝を上げてくれる効果がありますね。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
短時間で負荷をかけるのが無酸素運動なのか!

有酸素運動と無酸素運動はどちらが効くの?

ハッキリと言います。

どちらが大事か?どちらが効くのか?と言われると「どちらも大切」が答えです。

ただし自分が重点を置きたい目的によって、やる順番を変える必要があります。

例えば「脂肪燃焼」を目的としたいのであれば、

「筋トレ→有酸素運動(ウォーキング、ジョギングなど)」が効果的です。

まず最初に無酸素運動である筋トレを行うことで、

アドレナリンが分泌されて基礎代謝を上げてくれたり脂肪細胞を分解してくれたりします。

そしてこのホルモン達が沢山分泌された状態でウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うと、

効率よく脂肪を燃焼してくれます。

ただし沢山燃焼させたいからと最初に負荷をかけすぎると、

逆に上手く脂肪が燃焼できないので、息がゼーゼー上がらない位の負荷で止めておきましょう。

そして次に有酸素運動を先にやる場合ですが、

「心肺機能向上」を目的としているのであれば「有酸素運動→筋トレなどの無酸素運動」が効果的です。

最初にウォーキングなどの有酸素運動を行ってから筋トレを行うと、

心肺機能などの持久力が向上すると言われています。

学生さんがマラソン大会などの長距離走のために体づくりをしたい!と言った場合は、

この有酸素運動→筋トレなどの無酸素運動を日々やり続けるととても効果的に心肺機能向上ができます。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
両方ともやるのが効率のいい方法なんだね

最後に「筋肉を大きくしたい場合」ですが、

こちらの場合は有酸素運動は必要ないと言われています。

なぜかというと、有酸素運動を行っている際に沢山活性化する「AMPK」という酵素が、

タンパク質の合成を阻害してしまうからです。

筋肉を肥大化させたい場合は、タンパク質がとても大切になってきます。

でも有酸素運動と組み合わせるとタンパク質の同化を妨げてしまうので、

筋肉を大きくしたい場合は筋トレだけに集中した方が効果を得られやすいです。

有酸素運動と無酸素運動違いまとめ

有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単にまとめると、

(有酸素運動)
ウォーキング・ジョギング・エアロビなどの軽~中の負荷を継続的にかけている運動で、脂肪燃焼を主にしてくれる効果がある。

(無酸素運動)
相撲・短距離走・筋トレなどの瞬発的な負荷をかける運動で、基礎代謝を上げてくれる効果がある。

です。

そして先程もお話した通り、自分がどの目的で体作りをしたいかで組み合わせを変えたり、

単発的にやったりと変える必要があります。

有酸素運動と無酸素運動ではそれぞれの負荷の持続時間や効果・目的が全く異なっていきます。

脂肪減少を目的としているのであれば「筋トレ→有酸素運動」をして、

マラソンなどの長距離型の体を作りたい・心肺機能を高めたいのであれば「有酸素運動→筋トレ」が効果的です。

そして「筋肉だけを大きくしていきたい」のであれば、

「無酸素運動のみ」を行った方が効果が得られやすいです。

もちろん肥大化をさせたいから全くジョギングやウォーキングをしてはいけないという訳ではありません。

どちらも大切な運動ですが、同じ日に組み合わせてしまうと違った効果を発揮してしまうので、

単に筋肥大を目的としたいならば筋トレのみを行う日・ジョギングをする日など日を分けて行うようにしましょう。 

今まで有酸素運動と無酸素運動をあまり気にしていなかった方は、

この記事を読んでぜひ自分の目的に合わせたやり方を選んで効果的に行っていきましょう!

ふくろうさん
ふくろうさん
ダイエットが目的なら有酸素運動のあとに無酸素運動をやるのが効果的だよ
ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
ダイエットしながら筋肉もつけれるね