うつ病

うつ病は誰にでも起こる。見逃せない兆候と予防方法

うつ病は誰にでも起こる。見逃せない兆候と予防方法

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
もう駄目だ。仕事もなにもしたくない・・・寝る。
ふくろうさん
ふくろうさん
うつ病は誰にでもなる可能性があるんだ、その兆候と対策を教えよう

今や15人に1人の割合で発生する「うつ病」いつ誰が起きてもおかしくはないです。

普段生活していても、なかなか気付きにくい事ですが、良く観察すれば、

うつ傾向の人がどのような兆候かを見つける事が可能です。

ここではうつ病の兆候や予防方法を紹介していきます。

うつ病とは

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
そもそもうつ病ってなんでなるの?

一昔前は「うつ病なんて、たんなる甘えだ!気合入れろ!」というように思われていました。

よく心の風邪とも言われていましたが、現在では心の肺炎と言われる程深刻な問題となっており、

「甘え」という認識がなくなっています。

それでも、通常状態とうつ状態の境が分からず、

未だにたんなる甘えと思われている人もいるでしょう。

うつ病とは脳のセロトニンが不足する為に起こる病気です。

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、これが分泌される事で、

日常生活の楽しいや嬉しいといった場面が起きた時にそれを感じやすくしてくれます。

このセロトニンが分泌されていないと、楽しい嬉しいといった場面でさえ、何も感じなくなってしまいます。

何も感じないだけではなく、物事を悲観的に捉えてしまい、常にネガティブな考えばかりなります。

これは元々の性格もあるのですが、完璧主義者や几帳面な性格の人がなりやすいと言われています。

何事にも細かく、完璧を目指すが故に、ちょっとしたミスが気になり心を病んでいき、うつ病になるのです。

また、仕事や家事が忙しくうつ病になる人も多いです。毎日朝早くに仕事に行き、

帰りは終電。家に帰っても仕事をしたりと常に頭の中は仕事モードですと休息する時間がありません。

そうなると自律神経が乱れ、セロトニンの分泌が鈍くなり、ある日急に体が動かないなんて事もあり得ます。

そうなってしまうと復帰するまで長時間かかるので、そうならないように対策をとる必要があるのです。

うつ病の人の兆候

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
うつ病の兆候ってどんなのがあるの?っと

うつ病、うつ傾向がある人の兆候はどういうのがあるのでしょうか。

1、寝不足が続いている

睡眠不足が続いている人は要注意です。

ただ単に夜更かしをして眠いのではなく、

普段寝る時間でもなかなか寝付けなかったり、

寝ても起きる2時間前に覚醒してしまったりと、

睡眠のリズムが崩れている人はうつになりやすいでしょう。

2、物事をネガティブに捉える

性格もありますが、全ての事にネガティブになり、ミスを全部自分のせいにしてしまいます。

「どうせ俺なんて」と常に思っている人はうつ病の兆候があるかもしれません。

3、遅刻、欠勤が増えた

うつ病は朝型に強く現れ、夕方には落ち着くのが特徴です。朝起きれなく、

遅刻したり、欠勤したりするのが多くなっている人もうつ病の兆候があるかもしれません。

まして、普段は遅刻、欠勤をしていなかった人がそのようになる場合、何かしら原因があると思っていいでしょう。

4、趣味に没頭出来なくなった

自分の趣味や楽しい事等に興味、関心がなくなってきた時もうつ病の兆候かもしれません。

趣味をしている際は楽しいという思いが強いと思いますが、

それを感じなくなってしまったり、集中出来なかったりするのも、うつ病の特徴です。

うつ病の予防方法

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
うつ病にならないようにしっかりと予防したい!

では、うつ病、うつ傾向を予防するにはどうしたらいいのだろうか。

1、相談出来る相手を作る

まずは話しを聞いてもらう事が大事です。

自分がどのように普段感じているかを話せるだけでも心に少し余裕を持たせる事が出来ます。

また、相談ではなくても、楽しい話しや愚痴等を話せる相手がいればそれだけでストレスの発散になります。

職場の上司や同僚、友人、家族で話しやすい相手がいれば話しをしてみて下さい。

2、運動をする

運動する事でストレスの発散になります。

ストレスを溜め込みすぎるとうつ病へとなりますので、定期的にストレスを発散するのがいいです。

何故運動が良いのかと言うと、運動している間は余計な事を考えなくて済みますし、

運動する事でセロトニンの分泌を活発にする働きがあるからです。

3、完璧主義をなくす

「これはやらなくちゃいけない」「こうしなくちゃいけない」等の完璧さを求めるのは止めた方がいいです。

性格もあるので、なかなか変えるのは難しいですが、

「まぁいいか」ぐらいの気持ちで臨むのがいいでしょう。

全てに100%で挑むのは肉体的にも精神的にもキツイです。少し余裕を持って臨むようにして下さい。

4、睡眠の確保

睡眠の確保もうつ病予防に効果的です。まず寝る環境を整えましょう。

スマホやパソコンは最低でも寝る1時間前にから見ないようにします。

なかなか寝付けない、朝起きるのが早いという人は病院で睡眠薬を処方してもらうのもいいです。

5、病院を受診してみる

精神科や、心療内科を受診するのに抵抗がある人もまだ多いです。

うつ病はなってからではなく、その予防が大事なので、

少しでもおかしいなと感じた場合は受診をオススメします。

早期にみつかれば治る期間も短くて済みますので。

うつ病は誰にでも起こる。見逃せない兆候と予防方法まとめ

うつ病は誰にでも発症する病気ですので、早めに予防対策をとり、

休息をとった方が良いでしょう。自分の体ですので、無理をする事のなようにして下さい。

ぺんぎんくん
ぺんぎんくん
しっかりと睡眠をとろう・・・。
ふくろうさん
ふくろうさん
うつ病の時と同じじゃん !